インタビューなどで、「彼女」のことについて聞かれたら、君はどんなことを言う?「悲哀」は、人によって受け止め方が全く違うなのかもしれない。

汗をたらして跳ねる妹と突風

格闘家は恋しても笑わない
■HOME

喜んで泳ぐ先生と季節はずれの雪

南九州の老年期の方は、毎日、切り花を墓所にしているから、ゆえに、切り花が一杯必要で、花の生産農家も多数いる。
夜分に、バイクで疾走していると、菊の栽培の照明がすぐ夜分に、バイクで疾走していると、菊の栽培の照明がすぐ目につく。
住宅の光はとっても少ないかたいなかなのだけれど、菊の為の光源はちょいちょい視認できる。
菊の為のライトはちょいちょい目についても人の往来は非常にちょっとで街灯のライトもたいそうほんの少しで、警戒が必要なので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

風の無い週末の夕方は昔を思い出す
北方版水滸伝の人間くさく男らしい人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に実際の人の様なもろさがうかんでくるのもプラスして、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか将来の為に極力腐心しているのが精読していて熱中する。
読破していておもしろい。
だけど、ひきつけられる登場人物が悲しい目にあったり、希望がなくなっていく話も胸にひびくものがあるからひきつけられる物語だ。

じめじめした大安の夕暮れは足を伸ばして

思ったより普通の生地は価格が高い。
わが子が幼稚園に2週間後に入園するので、入れ物が必需品なのに、しかし、なにかしら縫物の為の生地が価格が高かった。
とりわけ、アニメのキャラクターものの布なんて、ものすごく金額がいった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの布がめっちゃ価格が高かった。
使用する形のの布製の袋をお店で購入するのが早いし、以外と安いのだけど、しかし、かたいなかなので、園に持って行っている人は皆、手作りだし、近くに売っていない。

雹が降った水曜の午後はお菓子作り
夜中、寝れないときに、新作映画を起き上がって見る習慣がある。
昨夜見た映画は、「エスター」というタイトルのアメリカ作品だった。
ヒロインの、エスターは、しっかりものだけれどずいぶん不思議な女の子。
ラストには意外な結末が待っている。
これを見ている半ばで、結果が予想できる人がいるのか不思議なくらい予想外の終わり方。
結果は、ドキッとするのではなく、とにかくゾクゾクとするような結果だった。
ストーリーは、いつでも私の毎晩の時を楽しませてくれる。
その時は、絶対アルコールとつまみも常に一緒なので、体重が上昇するのが分かる。

ひんやりした週末の早朝はこっそりと

雑誌を見ていたり、繁華街に行くと美人だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
とても重要だと思う。
私が注目しているのが歌手の西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビューを受けている姿を見た。
女の子っぽい!と考えずにいられない。
ふっくらした頬に、体つきも良い感じ、パステルカラーが凄く似合う印象。
話し方がほんわかしていて、方言もポイントが高い。
彼女の曲は結構聞くけれど、本人を見てもっとファンになった。

そよ風の吹く火曜の昼は昔を懐かしむ
今季は、泳ぎに行っていないが、遊びにめちゃめちゃ行きたい。
現在、娘が幼いので、泳がせないで砂遊び程度だけれども、しかし、想像するけれど笑ってくれると思う。
しかしながら、娘は、パンパースをつけているゆえに、泳いでいる人の事を思ったら海水につけない方がいいかもしれない。
それ用のオムツもあるが、問題になっているらしいので。

陽の見えない土曜の日没はお菓子作り

盆だとしても里方から外れて暮らしているとたまにしか認識することがないが、せめて、お供え物くらいはと考え里方へ送った。
里に居たら、線香を握って先祖の出迎えに行って、盆のラストに送り出しに行くのだが、離れて暮らしているので、そう遂行することもない。
周りの人は、香をつかみ墓所におもむいている。
そういった場景が視認できる。
常時より墓所の周りには数多くの車がとまっていて、お参りの人もものすごくたくさん目につく。

ノリノリでダンスする父さんと僕
営業に行くと、三日くらい泊まり込みのこともある。
非常に、充実感はありだけれど、常に気を張っているので、ほとんど眠れない。
起床時間のずいぶん前には、眠いのに目が覚めてしまう。
寝不足だけれど、帰って来た時の自由な感じは幸せだ。
思う存分遊びまくるし、快眠だし、贅沢する。

そよ風の吹く金曜の午後に窓から

今考えると、学校へ通うようになってから高校までほとんど向学心を持って生活してこなかった。
周りが必死で学習していても、自身は言われるままの事を仕方なく行うといった感じだったと思う。
それでも、大学に入ってから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、知識がするすると頭に入るようになった。
しばらくして、社会に出て、研修期間を過ぎて実際の業務になると、今度は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
楽しくないとか思う間もなく、なにがあっても頭を使う日々が続いた。
という生活をしばらく体験すると、なぜか高校時代に真面目にしなかった学習を見直したいと思うようになった。
現在では、同じように言っている人が近くにたくさんいる。

どんよりした日曜の日没は昔を思い出す
個々で、好きなものや気になるものが存在すると思うが、どんな感じかリサーチするのが大好き。
友達に質問してみたところ、金、良い生地のランジェリー母の事が好きで仕方ないとの事。
さらに、男の人の血管の見える手。
最後に、ドイツ語の巻き舌。
私には理解できない。
リンゴ飴、素肌の上にニット、アバクロの香水、声の高い女性が好きだと、伝えた。
同じく理解不能だとの事だった。
まさにこれが、フェチという分野らしい。

TOP

サイトコンテンツ

Copyright (C) 2015 格闘家は恋しても笑わない All Rights Reserved.