「トルネード」について、どう思う?「子供」とは、一般的にはどのように思われているのかな?別に真面目に考えたりするわけじゃないよ。

薄暗い週末の夕方は微笑んで

格闘家は恋しても笑わない
■HOME

無我夢中で泳ぐ母さんとアスファルトの匂い

急速にインターネットが普及するとは、中学生だった自分には全く分からなかった。
品物を扱う商売の方々は今から競争が激化するのではないかと考える。
パソコンを使って、なるべく価格の低い物を発見することが難しくないから。
争いがピークになったところでここ最近よく目立つようになったのが成功のためのセミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

笑顔で熱弁する兄さんとあられ雲
梅雨も終わり、今日蝉の鳴き声に気付いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と感じた。
あと10日ほどで夏休みという日曜の午前中、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスを食べていた。
頭の上では風鈴がときおり鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、日光が座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
顔中から汗が流れ、アイスクリームも溶けて垂れてきた。
少年は、近所にある市民プールのプール開きを待ち焦がれていた。

気分良く叫ぶ父さんと突風

南九州に暮らしてみて、墓前に連日、お花をなさっている方がひしめいていることに呆気にとられた。
お歳をめしたの女性は、その日その日、霊前に生花をしていないと、近隣の人の目が懸念だそうだ。
連日、花をなさっているので、家計の中のお花代もたいそうばかにならないらしい。
日々、近くの老年期の女の人はお墓に集まって菊をあげながら、語らいもしていて、墓の陰気な空気はなく、さながら、人が集う児童公園みたいにはなやかな空気だ。

暑い金曜の夜に友人と
20歳の頃、株に関心をもっていて、買おうかと考えてたことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも好奇心があったけれども、しかし、頑張って稼いだお金が簡単に消えるのが怖くて、買えなかった。
証券会社に口座はつくって、貯金から動かして入れて、ボタン一つ押すだけで購入できる状態に準備までしたけれど、怖くて購入できなかった。
頑張って、働いて稼いでためた貯蓄だから、金持ちの人たちから見たら少ないお金でも少なくなるのは怖い。
でも一回くらいは買ってみたい。

どんよりした月曜の明け方は焼酎を

動物を見るためにけっこう長く長く歩く動物園は、7月は大変暑くて汗がでる。
友人夫婦と子供と自分と妻と子供ともどもそろって入ったが、たいそう暑くてきつかった。
すごく暑いので、動物も多くが行動していないしし、遠くの影に姿を隠していたりで、非常に観察出来なかった。
この次は、クーラーのきいた水族館などが暑い季節はよさそうだ。
子供が幼稚園の年長くらいになったら夜間の動物園や水族館もけっこう楽しめそうだ。

どしゃ降りの平日の明け方に椅子に座る
昔ものすごく太っていた時代に、毎回食べたくなったのがハニートーストだ。
酷い時は、夕飯の終わりに4枚くらい食べていた記憶もある。
最悪なことにそれと同じくして、マッシュポテトにはまってしまい、デブの道へ直行だった私。
トライした痩せる方法が変わったものばかりだ。
一つは、スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープしか口にしないダイエットだ。
出先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、枝豆を夕飯に置き換えるという痩身法。
さすがに、今は無謀。
その後、3年ほどで生活習慣を調えると、するすると元に戻った。
なんでもコツコツとするのが一番。

自信を持って走る母さんと気の抜けたコーラ

近頃、テレビで、マックチキンの味をまねたものといって紹介していました。
とてもうまそうだと感じて、嫁にしてもらったが、マクドのナゲットの味では残念ながらないけれどうまかったですね。
なんか衣が心なしか違ったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなので、俺の舌ぐらいでは多少の差は何とも思わずものすごくうまかったです。

笑顔で泳ぐ弟と僕
頼まれて、里山の竹の間伐を助勢していたけれど、しかし、大きく重い竹がとてもうじゃうじゃ生えていて苦しかった。
竹林の持ち主が土地の管理を親から引き継いで、モウソウダケがはびこりすぎて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
私たちは、ちょっと仕事で使うモウソウダケが欲しかったので、もらえるとなり、ありがたくて良かったが、道もない里山から出すのも大変だった。

寒い祝日の日没は熱燗を

今朝の新聞に、日本人女性の眉毛に関して、なかなか面白い話が載っていた。
真相を知ると、いきなり色っぽさも感じてくるので面白い。
パッと見は、奇妙なものにも見えるが、江戸時代では既婚者である女性の証だという。
理由を知ると、実に色香まで感じてくるので不思議だ。

泣きながら泳ぐ兄弟と枯れた森
アンパンマンは、子供に人気の番組だけど、しかしとっても暴力的のように見える。
内容のラストは、アンパンチといってばいきんまんをぼこぼこにして話を終わりにするといった内容がすごく多く思える。
小さな子にもめっちゃ悪影響だと私は思う。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなに悪いことをしていない話の時でも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を見たら、やめろといいながらもうこぶしを突き出している。
理由を聞くわけでもない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぶん殴って終わりにするからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたっても同じだ。
たぶん原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

TOP

サイトコンテンツ

Copyright (C) 2015 格闘家は恋しても笑わない All Rights Reserved.